多摩地域中小ものづくり企業の外国人活用調査支援事業の提案を求めます

 

令和元年5月17日
東京都商工会連合会

 「多摩地域中小ものづくり企業外国人活用調査支援事業」の委託事業者を募集します。
この事業は、東京都が実施する「地域人材ダイバーシティ推進事業」を活用して、多摩地域のものづくり中小企業の外国人材の雇用、活用と生産性の実態を調査し、事例分析を行うことで、生産性向上モデルを創出して、中小企業の働き方改革への対応を支援することを目的としています。
 企画提案に応募される方は、下記及び末尾の募集要領、仕様書等を必ずご確認ください。

◇委託業務の内容
1.ヒアリング調査
 多摩地域の中小ものづくり企業30企業に対して、経営支援、処遇改善支援等の専門家によるヒアリング調査(1企業平均3回程度のヒアリング) を実施して、外国人材の活用について、①採用・確保、②労働環境整備、③人材育成、④ものづくりにおける活用、⑤雇用の継続と期間、⑥生産性向上への寄与などについて現状と課題、今後の方向等を整理すること。
2.事例分析
 30企業のヒアリング調査に基づいて、外国人材活用について20事例をまとめて、分析すること。
3.経営支援・処遇改善支援
 調査対象の30企業に対して支援が必要で、企業からの要望がある場合には外国人材の定着化支援(定着率向上10企業程度)、生産性向上のための経営支援を実施すること。
4.報告書の作成・配付
 事業の実施結果について報告書にまとめ、印刷して普及啓発して生産性向上を支援すること。報告書は1000部を作成して、当会が指定する企業、支援機関等へ配付すること。

◇実施要件
 本事業は東京都の「地域人材ダイバーシティ推進事業 商工会等補助」を活用して実施しますので、各種の要件があります。詳細は募集要領及び仕様書でご確認ください。
 委託期間(予定)契約日から令和2年3月31日まで(概ね10か月間)

◇選定スケジュール

〇募集要領の公表 5月17日(金)
〇質問受付 5月17日(金)~5月21日(火)午後5時まで
質問は電子メールのみで受け付ける。
メールアドレス:jinzai@shokokai-tokyo.or.jp
〇質問への回答 5月22日(水) 質問者宛に電子メールで回答する。
〇申込・企画提案受付 5月22日(水)~5月28日(火) 午後5時まで
申込に関する書類及び企画提案書は5月28日(火)の午後5時までに
東京都商工会連合会へ持参する。
〇企画提案審査 5月29日(水)~5月30日(木)
提出された申込に関する書類及び企画提案書の内容を審査のうえ、
委託事業者を選定する。
〇最終結果通知 5月31日(金)
企画提案書の提出者全員に文書と電話で通知する。

募集要領等
企画提案募集要領(PDF形式)
仕様書(PDF形式)
(様式1)企画提案申込書(Word形式)